買って正解! 炭酸水メーカー「ソーダストリーム」

飲むだけでスカ〜ッとする炭酸水が大好きで、ここ数年、飲み物を買う時は炭酸水ばかり。

しかも家飲み用にスーパーでは1ℓサイズを購入するので、1週間もすると空のペットボトルが大きなビニール袋いっぱいにたまる…。

そんな生活が続いていました。

こんなに好きだったら、炭酸水メーカーを買った方がエコかも?

さすがにそう気づき、購入したのが炭酸水メーカー「ソーダストリーム」です。

ソーダストリームを選んだ理由

数ある炭酸水メーカーの中から「ソーダストリーム」を選んだのは、マシンがシンプルで柔らかなフォルムだったこと。そして専用シロップが充実していたから

購入したのは「Spirit (スピリット) スターターキット おうちSODAバラエティパック」19,000円(税別)です。

炭酸水を作るマシンとボトル3本、これに約60ℓ分のガスシリンダーが2本、ハイボール用のウイスキー、プレミアムコーラとレモンの専用シロップ、オレンジとレモンのフレーバーが付いたスペシャルバージョン。

まずはこのバラエティパックで炭酸水生活を始めることにしました。

当たり前ですが、水+炭酸ガス=炭酸水なので、マシンの構造は至ってシンプル。

コンセントもなく、裏にガスシリンダーをセットするだけで使用可能で、マシンの上にある丸いボタンを何回押すかで、炭酸の強さを微炭酸から強炭酸まで調整できるんです。

炭酸水ができるシュワシュワな瞬間は、ぜひ動画でチェックしてみて!

ホントにお得? コスパを検証

気になるのは、コスパです。

「ソーダストリーム」の公式ホームページには「ガスシリンダー1本で、ペットボトル約120本分。500㎖ボトル1本あたり約18円で炭酸水を楽しめます」とあります。

本当に1本のガスシリンダーでペットボトル120本も作れるんでしょうか?

スターターセットには500㎖のボトル2本と1ℓのボトル1本がサービスで付いているので、この3本のボトルで毎日欠かさず炭酸水を作ってみることにしました。

1日500㎖のペットボトル4本分です。

すると、ちょうど1カ月と2日が過ぎた頃、ガスシリンダーが空になったのか、ボタンを何度押してもシュワシュワにならなくなりました。

1日500㎖のペットボトル4本分×32日=128本で、120本を見事クリア!

価格もチェックしてみましょう。

ガスシリンダーは新規購入か、交換かで価格が異なり、新規購入の場合は1本2,750円(税別)。それを使い切ったら、交換という形で1本2,000円(税別)で購入できます。

私が購入した「おうちSODAバラエティパック」には元々ガスシリンダーが2本付いていたので、交換用の1本2,000円(税別)で計算してみると…。

500㎖のボトル1本あたりのコストは2,000円÷128本=約16円

マシンの初期費用を除けば、1カ月のランニングコストはガスシリンダー1本分の2,000円で済むので、私がそれまで毎日ペットボトルの炭酸水を買っていたことを考えると、はるかにお得!といえそうです。

専用シロップで家飲み、大満足!

家飲みが増えて以来、子どもと私のお気に入りが「専用シロップ」。

「おうちSODAバラエティパック」にセットされていたプレアミアムコーラとレモン以外にもいろんな種類があることから、その後、「プレミアムレモンライム」「プレミアムジンジャーエール」を追加購入(各1,000円・税別)。

強炭酸のジンジャーエールを作れるし、炭酸水にウイスキーとレモン果汁を加えれば、オリジナルハイボールが作れるのも結構オススメ。

こんな感じで、今では「買うべきかどうかなんて迷う必要、なかったのに…」と思うほど、毎日愛用しています。

この調子でいくと、「2020年わが家の『買ってよかった!』ヒット商品」の第1位になるのは間違いないかも!

「sodastream」公式ページ
⇨ ソーダストリーム